八王子市の歯科|散田東條歯科医院 補綴治療の専門医がいる歯医者さん

歯周病治療
歯周病とは歯についた歯垢や歯石が原因となり、歯茎が腫れさらに歯を支えている骨や歯根膜などの歯周組織が壊されていく病気です。歯周病は成人の80%がかかっているといわれます。初期では自覚症状がほとんどないため、非常に気づきにくい病気ですが、進行が進み歯を支えている骨が溶けてしまうと元の状態には戻りませんので、予防と歯科医院での定期的なクリーニングが必要です。

歯周病を防ぐ、プラークコントロール

歯周病を予防するためには、細菌(プラーク)の増殖をいかに抑制(コントロール)するかという事が非常に大切です。この事をプラークコントロールと呼びます。プラークは、丁寧な歯磨き(ブラッシング)によって大部分を取り除く事ができます。つまり、正しいブラッシングを続ける事により、歯周病を予防する事ができるのです。
規則正しい生活習慣と絶え間ないブラッシング、この意識が歯周病によるあらゆるリスクを減らす最も有効な手段なのです。

院長が行うスケーリング(歯石除去)

歯科医院でおこなうプラークコントロールの最初のステップが「スケーリング(歯石除去)」です。一度歯石ができてしまうと、ブラッシングだけで完全に取り除く事は、かなり困難になってしまいます。そこで、スケーラーという特殊な器具を用いた医院での歯石除去が必要となってきます。当院では院長自らが一貫してすべての患者様に対して処置をおこなっております。

レーザー治療

当院では、安全かつ効率的な治療に効果を発揮するレーザー治療を取り入れております。当院で使用しているレーザーは高出力半導体レーザーでお口の中の軟組織疾患の治療にその効果は絶大です。レーザーの光と熱は従来では届きづらかった深い歯周ポケットにも到達し、歯と歯茎の間から膿みを出すとともに、出血と炎症を抑えます。殺菌効果も高く治療後の炎症や痛みも抑えることができます。

レーザー治療のメリット
治療前とレーザーによる歯周ポケット減少手術と歯石除去後の写真です。治療前に比べて、歯肉の発赤、腫脹は軽減し、歯周ポケットは減少しました。

ネット予約はこちら
診療科目
一般歯科
補綴歯科(入れ歯・差し歯)
顎補綴
審美歯科
歯周病治療
小児歯科